ワンコの為の実践東洋医学

dogtoyo

appli02_green

東洋医学なんて科学的検証に耐えられないデタラメの似非科学だから、信用
するのが間違いだし、私はバカで愚か者ですと自己紹介しているようなもの
だから逆に恥ずかしくないのかと罵られるのがオチでしょう。

「東洋医学」という言葉の定義さえ決まっていないという点からも明らかだ
と指摘をする人も少なくありません。

中国古代で広まった中医学のことを指す人もいれば、鍼灸指圧マッサージや
民間療法などを指す人もいたりと見事にバラバラです。

中医学や鍼灸指圧などの代替療法を「東洋医学」と呼ぶのであればまだしも
ずんずん運動などのような根拠のない身体矯正で体を傷める結果になっては
意味がありません。

「東洋医学」を推奨する人たちは「西洋医学」などと小ばかにしているわけ
ですが、科学的検証に耐えうえるエビデンスに基づいた医療を行っていると
いう点では、ウンコを食べると病気が治るといったオカルトレベルとは雲泥
の差があると言えるでしょう。

さて、日本愛犬東洋医学研究会の松嶋みゆきさんも、この胡散臭い東洋医学
の狂信者などと無理に煽るつもりはありませんが、ツボを指圧して免疫力を
高めることで飼い犬の健康増進に役立つことを広めています。

ツボは医学的根拠がないオカルトだという決めつけがYahoo知恵袋や教えて
gooなどでもベストアンサーとして幾つも出ていますが、そもそも医学でも
真面目に研究しようという意欲を持つ人が少ないわけですから、エボラ出血
熱やMERSコロナウイルス、iPS細胞、ガンなど生命に直結する研究と比べて
進捗が遅いのも当然でしょう。

犬にもツボがあるというのは、意外に知られていない盲点かもしれません。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ