14日間集中!糖尿病改善プログラム

14dtonyo

appli02_green

Ⅱ型糖尿病の治療が「薬物療法」頼みになっていませんか?

いくら運動をしても、どれだけ食事制限をしても血糖値が下がらないために
インシュリン注射や飲み薬頼みになっているのではないでしょうか。

診察を受けても医師からは努力が足りないと罵倒されるばかりで、身勝手な
指摘ばかりをするので我慢が出来なくなってきたかもしれませんね。

そこで、「Cell栄養研究所」所長の続木和子さんはホリスティック栄養学を
ベースにした、従来のカロリー制限でもなければ寿命を縮めかけないという
糖質カットでもない、独自の食事療法を提案します。

糖を摂らなければ血糖値が下がるのは当然ですが、糖質制限食を続けている
と長期的にエネルギー不足・栄養不足になりかねず、体にダメージを与える
おそれがあるという指摘を日本糖尿病学会が行っています。

さて、Ⅱ型糖尿病を発症するのは、インスリンのはたらきが低下することが
原因ですが、体全体の代謝異常によって発症しているわけですから、糖尿病
を解消するためには体全体の細胞の働きを調和する必要がある
わけです。

西洋医学は目に見える原因を解決して治療するアプローチですから、全体を
調整して不具合を解消するというアプローチは想定されていません。

そこで続木さんはホリスティック栄養学を用いた独自の食事法でインスリン
のはたらきを正常化するべく、体全体の細胞の働きを調和するための方法と
して「14日間集中!糖尿病改善プログラム」を公開しました。

多くの場合、数日もすれば血糖値が下がってくるという即効性も魅力です。

カロリー計算をして、ストレスをためて我慢しながら食べるような味気ない
食事ではなく「美味しく食べて治す」というコンセプトで考えられています
ので、精神的苦痛を感じることはありません。

【詳しくはこちら】

サブコンテンツ

商品検索

           

このページの先頭へ