たった3日で朝5時起き体質になる熟睡プログラム

5ji

appli02_green

朝5時というと、夏場であれば沖縄を除いて朝日が出ていますが、冬になる
と北海道でも外は真っ暗という具合に、季節によって全く異なります。

首都圏であれば朝6時台からラッシュが始まっていますから、空いた車内で
通勤・通学をしたければ5時台に乗るのが得策ですし、通勤ラッシュがない
ような地方であっても、早めに仕事を始めることで、深夜まで残業すること
なく仕事を終えられる
というメリットもあるわけです。

それ以外にも、朝食までに体を動かして健康体を維持したり、何か勉強する
のにも早朝時間帯というのは好都合です。

しかし、深夜・早朝に就寝して、朝5時に起きるというのは不可能に近い
思うのではないでしょうか?

眠気や疲労感が強くて起きられないし、ついつい二度寝をしてしまうという
ところではないかと思います。

このような人でも「朝に苦手なイメージ」を取り除くことで、あっという間
に5時起きができるようになる
とアドバイスをするのは河本真さんです。

もちろん、いくらショートスイーパーでもアルコールの飲み過ぎでトイレに
頻繁に通ったり、頭痛や吐き気に苦しめられている状況では、熟睡するのは
不可能ですから、熟睡しやすいようにするための体内調整は欠かせません。

また、慣れてしまえば、工事現場の騒音の中や一晩中明るい繁華街が近くに
あるアパートなどでも熟睡できるといいますが、やはりストレスになります
ので、静かにぐっすり眠れる環境作りは必要です。

しかし、それ以上に「朝に苦手なイメージ」を取り除くことが重要です。
朝が苦手なままでは、いつまでたっても5時起きができないからです。

【詳しくはこちら】

サブコンテンツ
あわせて読みたいブログパーツ
  • SEOブログパーツ

このページの先頭へ