視力回復のアイトレーニング

eyetrain

appli02_green

視力低下を改善するために眼精疲労を取り除けばいいといった考え方があり
ますが、実際には何の役にも立たないことは意外に知られていません。

ブルーベリーやビズベリーなどのサプリメントを飲み続けていても、視力が
一向に回復しないのも当然です。

アイ・トレーニング視快研小牧店を運営している視力回復インストラクター
田中謹也さんは、2000名以上の小学生の視力低下を改善してきた実績が
ありますが、仮性近視(0.7以上)のレベルであれば元に戻る可能性は高い
一方、本格的な近視になってしまうほどに視力回復は困難
になります。

それこそ、近くの文字さえ読めなくなる裸眼視力0.1以下になるのも時間の
問題ですし、一度視力が落ちだすと短時間のうちに進行しますので、少し
でも対応が遅れるとメガネやコンタクト、トラブルのリスクを抱えながら
もレーシック手術を受けるしか無い(基本的に18歳未満はレーシック不可)
状況に追い込まれます。

そこで、少しでも視力低下の兆候が見られた時点で視力回復トレーニングを
したほうがいい
と田中さんは強調しますが、何をすればいいのでしょうか?

全国各地のアイ・トレーニング視快研に通えばいいというのは簡単ですが、
地域ごとに偏りが多いこともあって、手軽に通えない地域も少なくない状況
です。

そこで自宅に居ながらにして、アイ・トレーニング視快研で受けるのと同じ
視力回復トレーニングが行えるツールとメソッドを田中さんが用意しました。

1日合計13分間(朝・昼・晩・就寝前の4回)、ヒモとビーズを使って楽しく
トレーニングをするだけ
です。

2ヶ月もすれば、多くの人が視力回復を実感しています。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ