石丸式東洋医学による糖尿病改善法

isimaru

appli02_green

2型糖尿病を改善するためには、食事療法と運動療法を併用するのが一般的
ですが、食事制限をして毎日苦労して1万歩歩いても、血糖値が下がらない
といったケースは決して珍しくありません。

このため、結局はインスリン注射や薬に頼るようになり、腎臓が悪化すれば
人工透析を受けるという結果になるわけですが、日常生活にも支障をきたす
ようになりますし、さまざまな制約が出ますから、少しでも早い段階で改善
したいものです。

そこで、鍼灸師で柔道整復師の石丸昌志さんは、東洋医学による糖尿病改善
方法
を実践すればいいとアドバイスをします。

東洋医学なんてアテにならない
と断言する医師も少なくありませんが、石丸さんのアドバイスを受けた人が
次々と、長くても3ヶ月以内に血糖値を正常範囲まで下げることに成功した
という実績
がありますから、頭ごなしに否定するのは間違いでしょう。

東洋医学は慢性的な体調不良を改善することを得意としており、病気や怪我
などを一気に治す西洋医学とは対照的ですが、決してどちらが優れているか
といった対立するようなものではなく、適材適所で使えばいいというだけの
話なのです。

石丸さんのアドバイスというのは、血糖値を高くしている真の原因に対して
処置を行うことで血糖値を正常化する
というものですが、それ以外に慢性的
な体調不良が改善したり、痛みやしびれ、頻尿なども改善できたという報告
が次々と寄せられています。

その具体的な改善法をまとめたマニュアルが「石丸式東洋医学による糖尿病
改善法
」ですが、普通にスーパーで買える物の中から食材選びを少し変える
のと、1回5分、自宅で一人で行う簡単なエクササイズに取り組むだけです。

【詳しくはこちら】

サブコンテンツ
あわせて読みたいブログパーツ
  • SEOブログパーツ

このページの先頭へ