視力回復「福辻式」

siryoku

appli02_green

視力が低下するのは目の運動不足
といった話を聞いたことはありませんか?

眼球を上下左右に動かしたり、マジカルアイやミラクルアイといった書籍を
使って隠されたデザインを探すことに努力した経験があるかもしれません。

しかし、いくら目のまわりの筋肉を鍛えたり、眼球を動かしても視力は全く
といっていいほど改善しなかった
のではありませんか?

眼精疲労は改善したかも知れませんが、視力測定をすると今までと全く何も
変わらなかったので、途中で諦めたのではないかと思います。

アスカ鍼灸治療院の院長で、鍼灸師・整体師の福辻鋭記さんは、その理由と
して、眼球のまわりの毛様体筋と顔、首、肩の筋肉がつながっているという
点が抜け落ちている
ことを指摘します。

その他にも、眼球自体が視力が低いと固まっていることが多いことから柔軟
性を取り戻す必要があったり、眼球だけでなく頭全体を保護している頭蓋骨
は一つの骨でできるわけではなく、複数の骨が組み合わさっているのですが
この頭蓋骨が小さく固まっているのをほぐすことで血流が改善するといった
効果があります。

また、特に医学関係者であるほど否定したがる傾向がありますが、東洋医学
的に眼球は「肝臓」と「腎臓」との関連性が強いと福辻さんは指摘します。

つまり、視力低下だからといっても、目だけに注目するのではなく、全身で
総合的に取り組む必要がある
わけです。

そこで、目の運動だけでは視力が改善しなかった人でも、1日5分間、簡単な
ストレッチとトレーニングを行うだけで、全身で視力低下への対応が行える
という、視力回復「福辻式」を福辻さんが考案しました。

視力回復「福辻式」付属のDVDを見ながら、その動きを真似するだけです。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ