パニック障害改善エスカレーター式トレーニング法

panic

appli02_green

パニック障害」は「豆腐メンタル」などと揶揄されるように、メンタルの
弱い人がかかりやすい精神疾患といったイメージがつきものですが、現実は
メンタルの強弱に関係なく誰もがパニック障害に苦しめられる可能性がある
といったら驚くかもしれません。

生まれつきの物怖じしない気が強い性格で、精神不安などは全く無縁な人で
あってもパニック障害で苦しむというケースは、災害後のPTSDなどで顕著に
見られますし、今まで自信の塊だった人ほど、その落差が大きいために自分
を受け入れることができずに強いショックを受けて自殺するといった場合も
少なくないのです。

あなたの場合はどうですか?

程度の違いはあれども、パニック障害で日常生活に支障をきたしている状態
ではないかと思います。

精神科や心療内科などに通院したり、カウンセリング等を受けているのでは
ないでしょうか。

精神科などで一般的に行われるパニック障害の治療法としては、精神安定剤
などを服用して精神的に安定した状態を創りだして、パニックが起こる状況
を経験しても、薬の効果などでパニックが出なかったという経験を繰り返す
ことで「学習」させるといった方法です。

徐々に薬を減らして、最終的には、薬を飲まなくてもパニックが起こらなく
なれば治療完了というわけですが、なかなか最終段階まで辿りつけないこと
も多く、一進一退が長期にわたって続くことから更に精神的に苦しむ結果に
なることも多いのです。

Concierge順子室長で日本代替医療協会心療カウンセラーの松本久美子さん
は、医学的治療法でパニック障害を改善できずに苦しんでいる人に対して、
独自のアプローチを提唱していますが、具体的には以下の3ステップを実践
することになります。

  • 「不安を引き起こす思考」を否定する
  • 不安を引き起こす「不適切な思考」を論理的に否定する
  • 代わりの「より適切な思考」を考え出す

もちろん、気合や屁理屈で抑えこもうとしてもパニック障害には通用しない
ことぐらいは松本さんも十分に理解していますから、エスカレーターに乗る
感覚で自然に目的地に到達するよう、上記の3ステップを無理なく実践
する
ことができる「パニック障害改善エスカレーター式トレーニング法」を開発
しました。

ゆったりとした気持ちで無理なく実践できますから安心です。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ