14日間集中!子宮内膜症改善プログラム

sikyunaimaku

appli02_green

子宮内膜症をはじめとして、卵巣チョコレート嚢腫や子宮腺筋症などに
悩まされていませんか?

生理が近づくと、下腹部の痛みや腰痛に苦しめられるようになるだけで
なく、月経時の出血量が増えたり、下痢や頭痛、吐き気や嘔吐といった
症状に悩まされる期間が長引いているかもしれません。

程度の違いはあっても痛みが伴う事から、日常生活に支障をきたす場合
も少ないのが厄介
ですよね。

子宮内膜症が起こる原因は現在でも明らかになっていないこともあって
予防したくても無理ですが、治療法は確立しているとしても症状の程度
や将来設計によって大きく変わってきます。

あなたも子宮内膜症の治療を受けている最中かもしれません。

しかし、ホルモン療法の副作用で苦しんだり、痛み止めの効き目が悪く
なってきた状況で将来的な不安を抱えているのではないでしょうか?

子宮摘出手術を医師から勧められた時には、精神的に動揺するのも当然
のことでしょう。

ホリスティック栄養学やホルモンバランスの研究を行うCell栄養研究所
続木和子所長は、ホルモンバランスの崩れを解消できれば子宮内膜症
などの解消は可能
だと言います。

このホルモンバランスを取り戻すためにホルモン剤を使うのではなく、
食事や生活習慣の改善によって行うことで、身体への負担が少ない形で
子宮内膜症を改善できる
と続木さんは言います。

具体的な方法をまとめたのが「14日間集中!子宮内膜症改善プログラム
ですが、細胞が生まれ変わるのに最低2週間は必要という意味であって、
2週間後に完治することは期待できないとしても、生理が非常に楽になる
と続木さんは言います。

個人差はあるとしても、生理の際の出血量や痛みの感じ方などで改善した
と多くの報告が寄せられています。

【詳しくはこちら】

このページの先頭へ