脳卒中片麻痺の手の機能徹底改善 6ヶ月リハビリプログラム

nousocyu

appli02_green

脳卒中になった後に麻痺が残るというケースは少なくありませんし、あなた
や家族が脳卒中になって後遺障害が残っている状態かもしれません。

入院中に行うリハビリというのは、脳卒中で死滅した脳神経細胞だけでなく
その周辺で休眠状態になっている脳神経細胞が活動を再開する時期に行って
いることから、明らかな手抜きでいい加減なものであっても麻痺はどんどん
回復していく
と指摘をするのは理学療法士として25年以上のキャリアを持つ
松澤達也さんです。

しかし、その期間は半年程度であって、今の健康保険制度のもとでは半年後
には無理矢理にでも退院させられるだけでなく、それ以降は通院でリハビリ
を続けたところで、手法が悪いと機能改善は期待できない
と松澤さんは指摘
します。

脳卒中片麻痺の後遺障害でもう治らないと考えている症状の多くが、先端的
なリハビリテーションを行えば改善可能といったら驚くのではないでしょう
か?

本来であれば、半年から数年かけて脳卒中片麻痺に対して、戦略的なケアが
必要であるのにも関わらず、医療費削減のほうが優先順位が高いこともあり
「自己努力」ということで、富裕層でもなければ満足できるレベルの医療が
受けられない現状となっています。

医療費に関しては、健康保険の赤字が減らない状況ですから仕方がないとは
いっても、医療機関で十分なリハビリが受けられないのであれば自宅で工夫
するしかない
というのが松澤さんの意見です。

もちろん、効果の疑わしい医療機器もどきを、何十万円、何百万円と出して
買えというわけではなく、合計5万円程度の機材は必要となりますが、自宅
でも「脳卒中片麻痺に対する戦略的なケア」ができるようになる方法を松澤
さんが考案しました。

それが「脳卒中片麻痺の手の機能徹底改善 6ヶ月リハビリプログラム」です。

脳卒中を発症してから何年も経過していたとしても、麻痺や運動障害が改善
するチャンスは十分にありますから、決して諦める必要はないと松澤さんは
強調します。

【詳しくはこちら】

サブコンテンツ
あわせて読みたいブログパーツ
  • SEOブログパーツ

このページの先頭へ