女の子の産み分けHYPER

umiwake

>>公開は終了しました<<

女の子を妊娠・出産したい
と思ったら、どうすればいいのでしょうか?

女の子を生みたいのであれば、膣内が酸性になっている時にセックスをする
と良いと言われていますが、排卵日だけは膣内がアルカリ性になることから
逆に男の子が生まれやすくなることから、セックスを行うタイミングが重要
だという人がいます。

排卵日に膣内がアルカリ性になるのだから、女の子を生むのは無理じゃない
かと思うかもしれませんね。

しかし、女性は人類の半分程度はいるわけですから、不可能ではないどころ
か、ノウハウさえ知ってしまえば十分に可能性はあります。

精子の寿命は長くて3日間ありますから、排卵日の前日等にセックスをして、
排卵前に女の子の遺伝子を持つ精子が膣内に待機している状況を作り出す事
で、女の子を妊娠・出産する確率を上げられるというわけです。

その他、セックスの際の体位が重要という人もいれば、ホルモンバランスが
ストレスなどで問題があると女の子が妊娠しづらくなるといった指摘をする
人がいたりと、産み分けに関する情報が飛び交っています。

ヒカワセラピーセンターおぎくぼ施術室院長で「ミスターパーフェクト」と
いう異名を持つ鈴木進さんが、余分な負担をかけることなく、100%は無理
だとしても高い確率で女の子を妊娠するための実績あるノウハウ
をまとめた
マニュアル「女の子の産み分けHYPER」を作成しました。

「女の子の産み分けHYPER」の成功率は80%を超えていますし、何十年にも
わたる蓄積があります。

ホルモン調整のための薬などは使いませんし、セックスはパートナーが必要
ですが、それ以外は一人で取り組めるものばかりです。

このページの先頭へ